8月に2つ講演いたします

まだ1ヶ月以上先ですが、不妊症関連の講演をいたしますので、ご興味のある鍼灸師の先生はぜひご参加ください。

1)8月6日(日)郡山市中央公民館
14:00~17:00(13:45より受付)
福島県鍼灸師会 鍼灸女子委員会主催研修会
女性はどなたでも無料参加OK
男性は福島県鍼灸師会会員のみ参加OK(無料)
演題【不妊治療について & 経営のコツ】
講師 三瓶真一
※参加申し込み
福島県鍼灸師会事務局(小沼)
電話 0242-29-8101

不妊症治療の基礎について実技を交えてお話しいたします。
経営のコツ、とありますが、あくどい商業主義がはびこっている不妊鍼灸治療の現在、いかに患者さん第一で、そして多くの患者さんに喜ばれる鍼灸師を目指すか、というお話をしたいと思っています。

 

2)8月27日(日)福島医療専門学校(郡山市)
10:30~15:00(10時より受付)
カナケンセミナー
参加費:5,000円(どなたでも参加できます)
演題【不妊症の鍼灸治療】
講師 三瓶真一
※参加申し込み
(株)カナケン福島営業所(小林)
電話 024-961-7211

特に体外受精を行っている際の、採卵の成績向上、卵質の改善、子宮環境の改善、着床、といった内容から、妊娠初期での鍼灸治療、つわり症状、さかご(骨盤位)の治療まで実技を交えてお話ししたいと思っております。

 

え~と、
あとは11月に佐賀県鍼灸師会で講師に呼んでもらう事になっておりますが、これはずっと先なので、また後日に(;^ω^)

ユキカゼ 元気です(^^)/

会議で行ってきた青森の記事に、追加する写真を一枚忘れてしまいました(;^ω^)

JR八戸駅(新幹線が停まる方)のとなりにある施設で、巨大な山車?のようなものを見つけました。
ユネスコ無形文化財の八戸三社祭、、って案内があります。
これは見事です!

最近ブログに出てきませんが、柴のユキカゼも元気です。
毎晩布団で一緒に寝ておりますが、会議などで留守にすると、1人?で居間で寝ているんだとか。

ちょっとかわいそうです(;^ω^)

会議で八戸へ

毎年この時期、所属している日本鍼灸師会の地方会議である東北ブロック会議があります。

福島県鍼灸師会の副会長をやっていた昨年の秋田での東北ブロック会議に続き、今年は6月24日、25日の二日間に八戸市で開催された東北ブロック会議に出席してきました。

会議に参加と言っておきながら、いきなりランチの画像ですが(;^ω^)
会議も一日目はランチョン会議・・・昼食を摂りながらの昼食会議です。
私を含め、東北6県の県鍼灸師会長さんでおいしいランチをいただきながら、会議の議事進行について話し合います。

ランチョン会議・東北師会長会議の後から、どっぷり2日間の会議となります。

しかし・・・鍼灸師になってというか、鍼灸師会に入って何回会議やったんだろうか・・・。
師会の理事会が年3回、総会が1回、日本鍼灸師会の会議が2~3回、全日本鍼灸学会関係の会議が1~2回、ここ数年は・・・数えるのをやめましょう(;^ω^)

青森ですからね~
会議のおやつは、フリーズドライのリンゴの輪切り。
珍しいお菓子ですね!美味しかったですよ!

ながいながい二日間の会議が終わり、皆さんで記念撮影。
しかし、日本鍼灸師会会長の仲野先生、、、このところ毎週お会いしているな。東大にも来ていたしね。

会議が終わってから、八戸からグランクラスで仙台まで。
車内サービスのワインなんか飲んじゃってます。

おっと、普通車との差額8,110円は自腹です。

仙台からは普通指定、、、やはりシートとかだいぶ質が落ちますが、私には普通で十分かな(笑)

 

県内保険者・県庁へ挨拶回りに行きました

今回は写真がございません(;^ω^)

昨日6月21日は、鍼灸師会の公務で県内の各保険者、県庁への会長交代に伴う挨拶回りに行ってきました。

また県内保険者は、社会保険、後期高齢広域連合、国保連、自賠責関係など、回るところが多い一日でした。

朝10時に福島市で、ひまわり鍼灸鍼灸整骨院で箱岩・県鍼灸師会副会長、福島県東洋療法保険協会の粒来代表と待ち合わせ、

10:30
協会けんぽ(いわゆる社会保険)、業務部部長、業務グループ長と懇談

11:00
国保連合 審査担当者と懇談

11:30
福島県後期高齢者医療広域連合
事務局長、事務局次長、業務課課長、業務課給付係4氏と懇談

13:00 福島県保健福祉部 国民健康保険課
課長、副課長と懇談

13:30 福島県保険福祉部
医療人材対策 副主任保険技師、
地域医療課 副主査と挨拶・名刺交換

14:00 福島自算会事務所
所長、医療インスペクターと懇談

14:40 解散

このような一日でした。

その後、夕方から診療。
それまでは長男、その嫁2名の鍼灸師で診療をしていただいていました。

今後も県鍼灸師会会長という立場上、ときどき会議などで不在になるときがありますが、診療には穴を空けないようにいたしますので、ご理解などよろしくお願いいたします。

7月の診療案内

平成29年7月は、

・7月17日(祝・月)、休日診療として午後2時~午後7時まで診療いたします。

なお、7月18日(火)~22日(土)まで、非常に混み合いますので、事前の予約診療にご協力ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<平常の診療案内>

月曜日
朝8時30分~正午/午後2時~6時30分

・火・水・金曜日
朝8時30分~正午/午後2時~7時30分

・木曜日(完全予約制)
朝8時30分~正午/午後5時~7時30分

・土曜日
朝8時00分~正午/午後2時~4時00分

・休診日
日曜日、特に指定した祝祭日

電話 0248-27-1846

※当院の鍼灸師3名は、福島県鍼灸師会および全日本鍼灸学会の正会員です。

吉田富三博士のこと

もう30年以上も前のこと。
東京の四谷にある鍼灸学校に通っていて、その時に医学史だったか病理学の授業で、福島県浅川町出身の病理学者・吉田冨三博士の業績について講義があったことがあります。

野口英世の話は有名ですが、吉田富三博士の話題はそれほど出てきませんし、浅川町という白河の隣町からのご出身だったこともあり近くだと余計に無関心でした。

このたび東京大学の講義室に立ち入り、初めて?吉田富三博士にお会いできました。

上は、東京大学医学部2号館に掲げてあるものです。
あとで調べると医学部長までされたのですね。

この絵をFacebookに投稿すると、お世話になっている滋賀県栗東市のちばレディースクリニックの千葉隆史先生から、『もしや小磯良平の絵ですか?』というコメントをいただきました。

気になっていたので、浅川町の吉田富三記念館に行き、いろいろ調べてみると、やはり兵庫県出身の日本の美術史上でも著名な、小磯良平画伯による、吉田富三博士の東大退官記念のときの肖像画だったようでした。

身近なところにある記念館で、医療者にとってはとても貴重なところです。

吉田富三記念館 http://www.tomizo.or.jp/

学会の夜

昼に勉強、夜に久しぶりに全国各地の旧友たちと懇親。
全国規模の学会は非常に実りがあります。

学会一日目夜。
場所は御徒町の鳥貴族。
不妊鍼灸ネットワークの仲間たちとまずは第1ラウンド!
不妊鍼灸ネットワーク会長の中村一徳先生と早くからはじめ、だんだんと仲間が集まってきます。

鹿児島、福岡、、広島、大阪などからの皆さんと、日ごろの治療の話をしながら、貴重なひと時となりました。
効果的なレーザーの治療法などを仕入れてきました。

第2ラウンドは水道橋駅前のとある居酒屋さん。
ここでは日本鍼灸師青年部時代で委員としてお世話になっていた仲間が待っていてくれました。
札幌、富山、岐阜、愛知県の岡崎市、群馬の渋川、相模原、鹿児島、福岡の仲間たちです。

発表前夜でしたので、あまり長居できず早々に退散しましたが、東京ドームで大きなライブがあったようで、水道橋駅前は電車に乗る人で激混み。

一駅歩いてお茶の水から電車に乗って上野に戻りました。

役員から離れて数年たちますが、大きな集まりの時には必ず声をかけてくれて、本当にありがたいです。

男性不妊の鍼灸の効果

第66回全日鍼灸学会で発表した内容は下記のページにあります。
http://www.sanpei89in.com/tex/funin6.html

日常、妊娠を希望されるご夫婦ともカップルを治療する事はたまにありますが、ご自身の精液のデータを把握しておられるご主人は大少ないものです。

たまたまた、精子の数が非常に少なく、また運動率が悪い場合と、良くある『ちょっと悪い』場合の2症例を提示しました。

一方は運動率が大変良くなりました。また一方は精子の数と運動率ともに改善しました。

治療は女性不妊において卵子の質の改善を目指す、卵巣の機能を改善する治療に準じて行いました。

卵子の質の改善と精子の質、数の改善には共通の鍵があるのかもしれません。

第66回全日本鍼灸学会で発表しました

6月10日(土)11日(日)の二日間にわたって、東京大学で開催された第66回全日本鍼灸学会東京大会にて、当院より2題の発表をしました。

私、鍼灸師の息子夫婦と三人で参加しました。

私の方はスライドを使った一般口演発表で、会場は東京大学 山上会館でした。
演題:『男性不妊に対する鍼灸治療の可能性』
共同研究者は、長男の三瓶和樹です。
私が代表で発表しました。

ほぼ同時刻、医学部研究棟14階で、三瓶美智が
演題:『マラソンランナーの鍼灸受療率について』をポスター発表しました。

男性不妊の発表内容は後日掲載いたします。