12月の診療案内

平成29年12月は、下記の通りの診療となります。

12月23日(土・祝)は、正午まで診療いたします。

12月29日(金)は朝8時30分~午後2時までの通し診療となります。

12月30日(土)は、正午まで診療いたします。

年明けは、1月4日(木)より診療いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・月・火・水・金曜日
朝8時30分~正午/午後2時~7時30分

・木曜日(完全予約制)
朝8時30分~正午/午後は休診

・土曜日
朝8時00分~正午/午後2時~4時00分

・休診日
毎週日曜日、特に指定した祝祭日

電話 0248-27-1846

※当院の鍼灸師3名は、福島県鍼灸師会および全日本鍼灸学会の正会員です。

佐賀県でお話ししたこと(不妊治療で鍼灸が目指すもの)

ほとんど自分の覚書になりますが、下記の内容を佐賀県でお話ししてきました。

不妊症の疫学、

  • カップルの6組に1組は不妊カップル
  • 治療を行っているのは、そのうち3分の1
  • 平成27年より、不妊期間が2年→1年 と定義が変わった
  • 体外受精で生まれる子供は、今や21人に1名存在

 

鍼灸で期待する効果、

  • 陰部神経刺鍼通電、中髎穴刺鍼法による、卵巣機能改善、子宮の血行改善など
  • 快適性、QOLの改善などによる、フィードバック機能の改善(排卵などの改善)
  • 妊娠出産なき月経の繰り返し → 子宮内膜症体質 これに対する鍼灸治療

 

効果の現れてくる期間:卵子の質の改善

  • 2週に3回の治療で4か月以降から
  • 40歳以降の場合、治療開始後の3ヶ月は、1週に2回程度行った方が効果が出やすい
  • 30歳代前半では、1週に一回でも良い(1週間以上、間隔を開けない事)

 

ざっくり覚え書きにすると、上記の話でした。

鍼灸は西洋医学と違い、体質の改善を主に目指します。1回1回の治療の積み重ねによって効果が表れてきます。

 

 

佐賀にて その2

佐賀県鍼灸マッサージ師会の皆様からご歓待を受け、宴席でいろいろ情報を収集、、二次会は行かずにホテルでスライドを調整しました。

明けて翌日、会場まで連れて行っていただきまして、

こんな↓感じで講義をやらせていただきました。

お話しした内容は、かいつまんで後日アップしたいと思います。

衆人環視の環境なので、女性のモデルさんでは厳しく、男性のモデルさんを立て、情け容赦なく半ケツ丸出し(笑)で治療の披露です。

刺入した感覚を感じていただくために、参加者の皆さんにハリを触っていただきました。

講義時間は、午前中2時間、午後2時間+少々。

参加された九州医療専門学校の村上先生に佐賀空港まで送っていただきました。村上先生は岩手の鍼灸学校でも教鞭を執っていたことがあり、いろいろ話も弾みました。

佐賀空港で、お疲れさんの一人ビールを飲み。。空港から見える向こうの高い山は・・・雲仙普賢岳だそうです(後でFacebookで佐賀の中島先生に教えていただきました)

離陸すると、大きくバンクして有明海すれすれに飛んでいきますが、なかなかのスリルです。

上空から瀬戸内の島々、関西国際空港、浜名湖、駿河湾、と飛んで、千葉の館山の上空で進路を左に。富士山のシルエットが見えました。

講演を頼まれたって言えば仕事ですが、良い旅になりました(^^)/

佐賀の皆様方、ありがとうございました!

佐賀にて

昨日は昼まで診療しまして、講演を頼まれて佐賀に向けて出発しました。

ただいま佐賀駅前のホテルで朝食待ちなので(;^_^Aちょこっとブログなんか書いちゃおうかと。。

羽田空港は小雨模様。出発がなんだかんだで30分遅れ、出発しても誘導路で20分くらい待ち・・・お出迎えの佐賀県鍼灸師会の今村先生、、、大変失礼いたしました。。

富士山が見えるように、、と、席も左の窓側のを準備してもらっていただいていたようですが、何しろ時間も遅く、富士山は見えませんでした。夜景は綺麗でした!翼が邪魔で、少ししか見えませんでしたが・・・

突然の佐賀牛です! 赤身で噛むとうまみが滲みだします。そのほか、タイラギ(貝)、舌平目? 豪華お刺身などなど、佐賀の美味しいもの全開でもてなしてもらっちゃいました。

ご歓待いただいた、佐賀県鍼灸師会(佐賀県鍼灸マッサージ師会)の役員の先生方。私の右に写っていらっしゃる方が、会長の江口先生。長崎でお会いして15年ぶりに再会できました。

研修は本日ですが、さて、朝ごはん食べて参ります!

原坊の朝顔の種

明日午後から、講演で佐賀に行きますが、聴講のみなさまへお土産を用意しました(^^)/

毎度変わり映えしませんが(;^_^A

原坊の朝顔の種、です。種は昨年のもので、40代の妊娠出産の方が多かったので、なかなか運も強力な種になっております。

見知らぬ土地に行くのはワクワクしますね!

 

JISRAMのパンフレット

不妊症治療を一生懸命研究している仲間と、震災後に不妊鍼灸ネットワークを作りました。

全国各地で、やはり真面目に一生懸命研究している仲間を集め、だんだんその会も大きくなって行きました。

やがてその会は、一般社団法人の法人格を取得して、ますます発展しています。

ぜひ当院玄関にあるパンフレットをご覧ください。

一般社団法人JISRAM http://jisram.com/
※JISRAMは、日本生殖鍼灸標準化機関の英名の略です。

下記はJISRAMまでの道のりを書いてPDFにしてみました(2ページ)

http://www.sanpei89in.com/diary/img/2017/11/about_JISRAM.pdf

本宮市でボランティア参加してきました

11月12日の日曜日は、本宮市でのNPO法人鍼灸地域支援ネットさんのボランティア活動に混ぜていただき、ボランティア活動をしてきました。

もともと原発事故などで大変な境遇にある福島県のお子さんたちの健康を守ろう、ということで活動されていたNPO法人鍼灸地域支援ネットさんの小児鍼のボランティア治療であったそうですが、不妊、特に続発性不妊(二人目以降の不妊)に悩む方も多いということで、参加して参りました。

会場は、本宮市のソレイユ本宮の2階。NPO法人本宮いどばた会が運営している、子育て支援センターでした。

子育てで疲れたな―、休みたいな~とか、お子様どうしの遊ばせて、その間、お母さんがちょっと休んだりとか気軽に休憩できる場を提供している、とのことでした。

さっそく、NPO法人鍼灸地域支援ネットの浜野先生が、子供と同じ目線で近づき、小児鍼を開始していました。

この日は小児鍼の良き理解者でもある郡山市のすみこしこどもクリニックの隅越先生も参加されていました。

20人から30人のお子様が入れ替わり訪れ、賑やかだったんだと思いますが、私は別室で不妊治療の相談&体験治療をしておりまして、あいにく写真は皆さん帰られた後のものしかありません(;^_^A

不妊症の方は、1人目から授かりたいという方が1名、2人目がなかなかできない、という続発性不妊が2名でした。

続発性不妊のうち、1名は年齢も40歳を超えていましたが自然妊娠ならば受け入れるという事から、妊娠しやすい体つくりを指導させていただきました。実際に先月は当院では40歳以上の方が何人か妊娠しております。しかも45歳で自然妊娠なんていうケースもありました。

またもう一人は、妊娠してもすぐに流産してしまうという事でした。流産には理由があり、人間がどうしようもないものもありますが、防げるものはお灸などするといいですよ、という事でお灸を教え、ツボを取って印をつけました。

当院の患者さんで、お1人目の妊娠から流産が続いたけど、鍼や灸をして元気な赤ちゃんを産んだ方が何人もいることなどの話もして、期待しすぎもしない、あきらめもしない、そういうお気持ちが大切なんですよ、というお話をいたしました。

子育て支援センター内の標語入りカレンダー。なるほど~と思いました。

 

 

 

 

 

東汐璃さんディナーショー

某日、

白河市出身の歌手、東汐璃(あずま しおり)さんのディナーショーに行ってきました。

地元・白河市のご出身という事で、また白河市での公演ですので、会場では知り合いさんが何人かいらっしゃいました。

年に2回とか3回とか、満月の夜に開催するディナーショーですが、ファンを大切にする東さんの気遣いが随所に感じられました。

支えてくれる方がいて、だから自分も活躍できる。言葉にはなくとも、それが良くわかりました。

心に染みる歌声と歌詞でした。

11月は佐賀県に行って参ります

いつも拙文にお付き合いくださいましてありがとうございます。

11月19日の日曜日は、佐賀県鍼灸師会様の招聘で下記出張講義をして参ります( ^ω^ )

さすがに前日の18日土曜日の私の診療は最終10時30分までの予約分までとさせて頂きます。

その後は16時まで和樹先生が診療いたします。和樹君、お土産買って来るから頑張ってねー( ^ω^ )

ほか、12日の日曜日は、本宮市で小児鍼のボランティアをして来ます。とは言え、私は不妊症の担当です。

26日の日曜日は、東京で全国47都道府県鍼灸師会の会長さんが集まる会議があり、これに出席します。

12、19、26、と日曜日に公務が入りました。今度の5日の日曜日だけが休日か(^◇^;)

えらいこっちゃ!

 

紅葉狩り

某日、そろそろ紅葉も見納めと言う事で、家内と柳津町まで紅葉を見に行きました。

もうちょいで冬。会津の冬は厳しいでしょうね。

粟まんじゅうが好きな家内のため、一番美味しいと言う岩井屋さんに寄りました。

たくさん買い込んだら、試食用に熱々の粟まんじゅうと栗🌰まんじゅうをもらいました。

憩の館 ホットinやないづ の中で、柳津町のソースかつ丼を食べました。

 

これがサクサクで、ソースも軽妙。非常に旨いです!

帰りは沼沢湖〜昭和村では、からむし織を見学しながら帰ってきました。

11月唯一の休日でした。