今年初の研修会 全日本鍼灸学会東北支部A講座

1月15日日曜日は研修会で前日から郡山に行って参りました。

鍼灸師会ではなく、全日本鍼灸学会の東北支部の研修会でした。

講義1は、演題:「脳の構造と機能」
講師:東北大学 歯学部 口腔器官構造分野 教授 市川博之先生

脳の構造から疾病の起こる場所などの講義でした。
脳の解剖は学生の時以来だったような・・・
実習でウサギを解剖し、その小ささとシワのないつるっとした豆腐のような脳を思い出しました。

講義2は、「若手鍼灸師がのぞく未来(あした)の臨床」と題したシンポジウムでした。

鍼灸学校、大学を卒業後まもなく臨床の道に入った6名の先生から日常の臨床の話などを伺い、参加された学生さんに道しるべを提示する、という新しい試みでした。

わが福島県鍼灸師会からは、福島市で開業する「こおり治療院」の郡先生がシンポジストとして登壇されました。

郡先生は開業9年目を迎えます。もうだんだん中堅以上の先生などでちょっと浮いていました(;^ω^)
またバイタリティのある先生ですから、今後ますます治療院も発展されるでしょう。

福島市 こおり治療院 http://hari-kori.com/
(不妊治療もされております)

講義3は、「鍼灸臨床に必要な身体診察」
講師 福島県立医科大学 会津医療センター 漢方医学教室 准教授 鈴木雅雄先生

いつも公私ともお世話になっている会津医療センター准教授の鈴木雅雄先生から、頸椎疾患を主として診察などをテーマにしてワークショップを行いました。

ただ聴講するだけだと5%しか内容を覚えること事ができないらしいです。

こうして積極的に参加すると50%以上は身になるという事でした。

頸椎ヘルニアかな?頚椎症性神経根症、、、?
頚椎症性脊髄症は除外するか、、など、さまざまな意見があり、実に活発な講義となりました。

平成29年1月、2月の診療案内

新年あけましておめでとうございます。

平成29年1月、2月の診療は下記となります。

1月9日(月・祝)
午前8時~正午まで受付・診療いたします。

2月11日(土・祝)
午前8時~午後2時まで通しで受付・診療いたします。

————————————————
平常の診療時間(診療は予約の方優先となります)

・月曜日
朝8時30分~正午/午後2時~6時30分

・火・水・金曜日
朝8時30分~正午/午後2時~7時30分

・木曜日(完全予約制)
朝8時30分~正午/午後5時~7時30分

・土曜日
朝8時00分~正午/午後2時~4時00分

休診日

日曜日、特に指定した祝祭日

電話 0248-27-1846

クリスマス イブ  / 年内の診療について

※12月・1月の診療について
http://sanpei89.rakusaba.jp/?p=710

いよいよ大晦日まで1週間となりました。今年は雪がなくて通勤にも助かっています(*^_^*)

昨年は飾りませんでしたか、今年は引っ張り出してみました!

飾り物が寂しいので、あるものを手当たり次第ぶら下げております(^_^;)

当院は、年内は28日水曜日まで平常診療で夜は七時半まで受付。

29日木曜日、30日金曜日は午後2時までの通し診療。

大晦日は、正午までの診療となります。

原発事故のその後

今月、我が家に息子の嫁が来てくれまして(*^_^*) 家の中を片付け、ほぼ毎週木曜日午後にクリーンセンターにゴミを捨てに通ってます。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミを毎回綺麗に引き取って頂き感謝感謝です。

入り口で車ごと重量を量り、ゴミを出してから空の車の重量を量り、捨てたゴミの重量分の料金を払います。

燃えるゴミは焼却しますが、例えば樹木を焼却すると、その灰には東電の原発事故の時の放射性物質が含まれていて、手前のテントに保管します。

その管理をする職員さんは、写真右に3人ほど見えますが、白い放射線防護服とフィルターの付いたマスク、ゴーグルを装着しています。

震災から来年で6年になりますが、まだ当時の影響があるんですね。

今泉先生の忘れ物

毎週火曜日午後に当院で研究に通っている、郡山市 はりきゅう今泉治療院の今泉先生の忘れ物。

パラパラとめくっていると、付箋が貼ってあら所を見つけました。

子宮内膜の周期ごとの変化を解説しているところ。

今泉先生の当院の研究も今年いっぱいとなりました。
毎回、不妊治療の疑問などをたっぷり持参して研究に来ます。
もう教えることもなくなってきました。

秋の散歩

すでに一カ月以上前の、まだ冬直前の晩秋。

喜多方の熊野大社に行って来ました。長床と言った方が分かりやすいでしょうか。

境内は銀杏の葉が黄色い絨毯になってました。七五三のお参りもだんだん終盤で、何組かの家族連れの方を見かけだだけでした。

遅めの昼食は、旧 山都町の奥の方、飯豊山の麓の集落にある民家の蕎麦屋さんで新蕎麦をいただきました。

あまりにも奥の集落なので、ほかにお客様はいませんでした(^_^;)

蕎麦はもちろん絶品でした。

店の外には看板犬!

来年また来てみましょう!

 

職人魂

18日の講習会である郡山駅に隣接しているビッグアイに入るとき、駅二階の改札から出ました。

改札の外にお菓子で作った家や電車のジオラマ仕立てがありました。

デフォルメしてありますが、とても良い出来でした(*^_^*)

冬季学術講習会に参加しました

※2003年より書いていた旧ブログがあります。
http://sanpei89.rakusaba.jp/diary/diary.cgi

ーーーーーーーーーーーーーー

18日の日曜日は、福島県鍼灸師会の冬季学術講習会に参加しました。

内容は、

1)スポーツ外傷で、鍼灸サロンLibera院長、福島医療専門学校非常勤講師の益子勝良先生

2)福島医大 会津医療センター、鈴木朋子准教授より漢方診療の実際

3)福島市 上松川診療所所長の春日良之先生より、プライマリケアと多職種協働のご講演

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)は、師会で開催しているスポーツ専門領域研修の内容で2年度をかけての息の長い研修です。

2)の鈴木准教授のお話ではなかなか難しい疾患での実例をたくさん挙げての貴重な講演となりました。当院の患者さんの中には、会津医療センターで鈴木朋子先生にお世話になっていらっしゃる方もいます。講演が終わってからいろいろと相談させていただきました。

3)の春日先生のご講演では、結びのところで鍼灸師に対する期待についてお話しいただきました。鍼灸は全人的な医療としてまさにプライマリケアである、と語られ、大変ありがたく拝聴しました。また研修後には春日先生を囲んで意見交換会(懇親会)を開催し、大変楽しいひと時となりました。

これにて平成28年中の研修、学会などはすべて終了となり、次回は全日本鍼灸学会東北支部A講座に参加いたします。

咳止めのツボ 天突(てんとつ)の思い出

当院受付の壁にセイリンと言う鍼のメーカーさんからいただいたカレンダーがかけてあります。

毎月、季節ごとに多くなる症状に用いる代表的なツボの解説を毎月けいさいしていて、とても良いカレンダーです。

残り1枚となった最後の12月は、首の前、喉元にある天突と言うツボ。

喘息や咳などに良く使うツボですが、通常は鍼を打つ場所です。

震災前だからもう五年以上前になります。心臓にペースメーカーを入れていた80歳を超えたおばあちゃんの往診をしていた時のことです。

ある日、天突を指で指し、ここに灸をして欲しい、と言うのです。その日は乾いた咳が続き、天突の灸で治して欲しかったのでしょう。

良くツボを知っているな、と思う反面、普通は咳止めに鍼を打つ場所。『灸じゃなくて鍼を打つ場所なんだけど』と言うと、頑なに灸をして欲しいと言うのです。

理由を聞くと、私の父が存命して診療していた頃、良くこの場所に咳止めで灸をしていたそうです。

実際に使ってみると鍼よりも灸の方が良く効きます。ただし灸だから煙が多少出るので、術中は注意が必要です。

時折、先代の治療を受けていた患者さんの治療を行う時がありますが、当時の話を聞かせて頂くのは大変貴重な事です。