青森の旅

11月の連休は、家内と青森に一泊のドライブに行ってきました。

今年は盆に滋賀~中山道に行きましたので、2回目となります。

早朝に出発し東北道を北上。
一気に岩手山サービスエリアまで行きました。

岩手山には雪が。天気は悪いですね~

このあと、ラーメンの朝食をとり、弘前経由で鰺ヶ沢に向かいました。弘前~鰺ヶ沢間は収穫を終えたリンゴ畑がずっと続いていました。

有名なわさお君

鰺ヶ沢について、海の駅で魚などを買い込み、わさおのいる菊谷商店でイカ焼きを購入。
昼ごはんはイカ焼きです。

写真はイカ焼き通りの『由利商店』で購入したイカ焼き。
ここでは土産用に塩辛や一夜干しのイカなど、一万円くらい買いました(;^ω^)

このあと青森市目指して出発。

みちすがら、道の駅に寄ってみました。
道の駅のとなりには、かやぶき屋根の立派な古民家がありました。

このあと青森市に入り、三内丸山遺跡を見学しました。

三内丸山遺跡の中に、ねぶたの飾り物がありました。
実際のねぶたよりもだいぶ小さいんでしょうね。

三内丸山遺跡にある大型住居。

なかはこのようになってます。

すこし晴れてきましたが、寒いです。
せっかくなんで家内と写真を撮ってみますか。

この後、青森市内のホテルへ到着。
その前に、アウガのゲーセンで一勝負。

大金をブチ込んで、勝には勝ちました(;^ω^)

その後、アウガの地下の居酒屋へ。
三味線のライブに合わせて予約しておきました。

20分足らずのミニライブでしたが、これは感動もの!
津軽じょんがら節など数曲ですが、大迫力!

亡くなった津軽三味線の髙橋竹山は、前職は盲目の鍼灸マッサージ師だったそうです。まったく流行らなかったから、門付けの三味線弾きになったそうですが、これが大変な苦労をされたとか。

私のオヤジも全盲の鍼灸師でしたが、三味線ではなくギターをよく弾いていました。

そんなことから、興味深く楽しませていただきました。

翌日の旅日記は、また後で!