盛岡で研修してきました

毎年は、研修・学会が秋に集中していましたが、時代の流れとともに(汗)、春~初夏も研修やら学会が目白押しとなってきました。

7月8日(土)は午後から盛岡での、全日本鍼灸学会の会議、翌日はそのAB講座研修となりました。

私は前日からでしたが、当日早朝に和樹君と美智ちゃんがはるばる白河から来て会場で合流となりました。

宿泊した盛岡駅前の東横インでの無料朝食では物足りず、、、駅にあるカフェでホットドッグを食べました。。。同行の宍戸先生、、呆れてました(;^ω^)

まだ食うんかい?

研修の会場はこんな感じ。
受付開始前に、ほかの学術委員の皆様、中沢支部長とエンヤコラ・どっこいしょ、と会場設営しました。

第1講座の、緑陰診療所の増田進医師による、地域医療のお話し。本日のメインテーマでもあり、いつもの倍以上の参加者がありました。

もっとも、この後の第2、第3講座も講師の大変なネームバリューがありまして、遠くは新潟やら秋田から参加もありました。

第2講座の、筑波技術大学名誉教授である形井秀一先生による、『社会鍼灸学について』です。
鍼灸の国内事情、国際情勢について学びました。

第3講座の、目白大学教授、大学院教授である奈良雅之先生による『医療面接について』です。

漫画仕立ての講義で、主人公は2代目鍼灸師。
腕の良い職人気質の親に反発し、、、なんか自分の境遇に重なり、いろいろ考えさせられる内容でした。

和樹君、美智ちゃんの若夫婦も一番前の席に陣取り、しっかり勉強していたようです。

会場は8階だったんですが、エレベーターは総ガラス張り!
高いところが苦手な方は、結構厳しかったかもしれません。

まだまだ当院の研修は続き、海の日の連休は名古屋研修となります(;^ω^)

盛岡へ

昨日、7月8日土曜日午後から、学会の学術委員会で盛岡に来ております。

盛岡駅西口のアイーナと言う巨大な施設にて、玄関前でお出迎えの謎の生物?

ガラス張りの会議室で2時間弱会議をして、さて懇親会。

居酒屋さんと思いきや、なんか上品なお料理が続きます。

帰って来てホテルの部屋で事情によりお洗濯(^_^;)

朝起きてみると今日はまた最高の天気ですねー。窓から見えるは岩手山の先っちょ。

これから朝ごはん食べて研修に行って来ます!

晩酌の友

今日も疲れたー(^_^;)

晩御飯食べてからの晩酌ですが。

今夜もユキカゼがお供です。

ツマミのカマンベールを狙ってます。塩分強いからちょっとだけ!

これは美智画伯のユキカゼの肖像画!

横になってる小さい方は和樹画伯作!

会津医療センターで研修

­7月2日日曜日は、福島県立医大会津医療センターで、県鍼灸師会の研修会でした。

第1講座は、総合内科の宗像先生による『めまい・フラつきについて』でした。

鍼灸院には、めまいなどの患者さんは良く来院します。

頻度は多くないものの、中にはいち早く専門医や脳神経外科への受診をしていただく中枢性のものもあります。それらの多くは症状を良く訊くことにより鑑別できることを学びました。

続いて午後からの第2講座は漢方医学講座の鈴木准教授の『COPDの鍼灸治療』でした。

ロイター通信、ロサンゼルス・タイムズ紙などの報道で一躍、内科疾患での鍼灸の一つのエビデンスとなった慢性閉塞性肺疾患での鍼灸のお話でした。

第3講座は、福島市で開業している、ひまわり鍼灸整骨院院長である、箱岩義郎先生による『スポーツ障害・適応の判定』でした。

ふだん愛読している整形外科疾患の紹介もあり、ボリュームある内容でした。

暑気払い

だいぶ蒸し暑い日が続きます。

昨日は若い衆を連れて暑気払いに行って来ました。

いつもお疲れ様ー!

いつもの焼肉屋さんが予約取れず。

新規開拓しました(^_^;)

本日は日曜日ですが、会津医療センターで勉強会になります。

8月に2つ講演いたします

まだ1ヶ月以上先ですが、不妊症関連の講演をいたしますので、ご興味のある鍼灸師の先生はぜひご参加ください。

1)8月6日(日)郡山市中央公民館
14:00~17:00(13:45より受付)
福島県鍼灸師会 鍼灸女子委員会主催研修会
女性はどなたでも無料参加OK
男性は福島県鍼灸師会会員のみ参加OK(無料)
演題【不妊治療について & 経営のコツ】
講師 三瓶真一
※参加申し込み
福島県鍼灸師会事務局(小沼)
電話 0242-29-8101

不妊症治療の基礎について実技を交えてお話しいたします。
経営のコツ、とありますが、あくどい商業主義がはびこっている不妊鍼灸治療の現在、いかに患者さん第一で、そして多くの患者さんに喜ばれる鍼灸師を目指すか、というお話をしたいと思っています。

 

2)8月27日(日)福島医療専門学校(郡山市)
10:30~15:00(10時より受付)
カナケンセミナー
参加費:5,000円(どなたでも参加できます)
演題【不妊症の鍼灸治療】
講師 三瓶真一
※参加申し込み
(株)カナケン福島営業所(小林)
電話 024-961-7211

特に体外受精を行っている際の、採卵の成績向上、卵質の改善、子宮環境の改善、着床、といった内容から、妊娠初期での鍼灸治療、つわり症状、さかご(骨盤位)の治療まで実技を交えてお話ししたいと思っております。

 

え~と、
あとは11月に佐賀県鍼灸師会で講師に呼んでもらう事になっておりますが、これはずっと先なので、また後日に(;^ω^)

ユキカゼ 元気です(^^)/

会議で行ってきた青森の記事に、追加する写真を一枚忘れてしまいました(;^ω^)

JR八戸駅(新幹線が停まる方)のとなりにある施設で、巨大な山車?のようなものを見つけました。
ユネスコ無形文化財の八戸三社祭、、って案内があります。
これは見事です!

最近ブログに出てきませんが、柴のユキカゼも元気です。
毎晩布団で一緒に寝ておりますが、会議などで留守にすると、1人?で居間で寝ているんだとか。

ちょっとかわいそうです(;^ω^)

会議で八戸へ

毎年この時期、所属している日本鍼灸師会の地方会議である東北ブロック会議があります。

福島県鍼灸師会の副会長をやっていた昨年の秋田での東北ブロック会議に続き、今年は6月24日、25日の二日間に八戸市で開催された東北ブロック会議に出席してきました。

会議に参加と言っておきながら、いきなりランチの画像ですが(;^ω^)
会議も一日目はランチョン会議・・・昼食を摂りながらの昼食会議です。
私を含め、東北6県の県鍼灸師会長さんでおいしいランチをいただきながら、会議の議事進行について話し合います。

ランチョン会議・東北師会長会議の後から、どっぷり2日間の会議となります。

しかし・・・鍼灸師になってというか、鍼灸師会に入って何回会議やったんだろうか・・・。
師会の理事会が年3回、総会が1回、日本鍼灸師会の会議が2~3回、全日本鍼灸学会関係の会議が1~2回、ここ数年は・・・数えるのをやめましょう(;^ω^)

青森ですからね~
会議のおやつは、フリーズドライのリンゴの輪切り。
珍しいお菓子ですね!美味しかったですよ!

ながいながい二日間の会議が終わり、皆さんで記念撮影。
しかし、日本鍼灸師会会長の仲野先生、、、このところ毎週お会いしているな。東大にも来ていたしね。

会議が終わってから、八戸からグランクラスで仙台まで。
車内サービスのワインなんか飲んじゃってます。

おっと、普通車との差額8,110円は自腹です。

仙台からは普通指定、、、やはりシートとかだいぶ質が落ちますが、私には普通で十分かな(笑)

 

県内保険者・県庁へ挨拶回りに行きました

今回は写真がございません(;^ω^)

昨日6月21日は、鍼灸師会の公務で県内の各保険者、県庁への会長交代に伴う挨拶回りに行ってきました。

また県内保険者は、社会保険、後期高齢広域連合、国保連、自賠責関係など、回るところが多い一日でした。

朝10時に福島市で、ひまわり鍼灸鍼灸整骨院で箱岩・県鍼灸師会副会長、福島県東洋療法保険協会の粒来代表と待ち合わせ、

10:30
協会けんぽ(いわゆる社会保険)、業務部部長、業務グループ長と懇談

11:00
国保連合 審査担当者と懇談

11:30
福島県後期高齢者医療広域連合
事務局長、事務局次長、業務課課長、業務課給付係4氏と懇談

13:00 福島県保健福祉部 国民健康保険課
課長、副課長と懇談

13:30 福島県保険福祉部
医療人材対策 副主任保険技師、
地域医療課 副主査と挨拶・名刺交換

14:00 福島自算会事務所
所長、医療インスペクターと懇談

14:40 解散

このような一日でした。

その後、夕方から診療。
それまでは長男、その嫁2名の鍼灸師で診療をしていただいていました。

今後も県鍼灸師会会長という立場上、ときどき会議などで不在になるときがありますが、診療には穴を空けないようにいたしますので、ご理解などよろしくお願いいたします。