今泉先生の忘れ物

毎週火曜日午後に当院で研究に通っている、郡山市 はりきゅう今泉治療院の今泉先生の忘れ物。

パラパラとめくっていると、付箋が貼ってあら所を見つけました。

子宮内膜の周期ごとの変化を解説しているところ。

今泉先生の当院の研究も今年いっぱいとなりました。
毎回、不妊治療の疑問などをたっぷり持参して研究に来ます。
もう教えることもなくなってきました。

秋の散歩

すでに一カ月以上前の、まだ冬直前の晩秋。

喜多方の熊野大社に行って来ました。長床と言った方が分かりやすいでしょうか。

境内は銀杏の葉が黄色い絨毯になってました。七五三のお参りもだんだん終盤で、何組かの家族連れの方を見かけだだけでした。

遅めの昼食は、旧 山都町の奥の方、飯豊山の麓の集落にある民家の蕎麦屋さんで新蕎麦をいただきました。

あまりにも奥の集落なので、ほかにお客様はいませんでした(^_^;)

蕎麦はもちろん絶品でした。

店の外には看板犬!

来年また来てみましょう!

 

職人魂

18日の講習会である郡山駅に隣接しているビッグアイに入るとき、駅二階の改札から出ました。

改札の外にお菓子で作った家や電車のジオラマ仕立てがありました。

デフォルメしてありますが、とても良い出来でした(*^_^*)

冬季学術講習会に参加しました

※2003年より書いていた旧ブログがあります。
http://sanpei89.rakusaba.jp/diary/diary.cgi

ーーーーーーーーーーーーーー

18日の日曜日は、福島県鍼灸師会の冬季学術講習会に参加しました。

内容は、

1)スポーツ外傷で、鍼灸サロンLibera院長、福島医療専門学校非常勤講師の益子勝良先生

2)福島医大 会津医療センター、鈴木朋子准教授より漢方診療の実際

3)福島市 上松川診療所所長の春日良之先生より、プライマリケアと多職種協働のご講演

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)は、師会で開催しているスポーツ専門領域研修の内容で2年度をかけての息の長い研修です。

2)の鈴木准教授のお話ではなかなか難しい疾患での実例をたくさん挙げての貴重な講演となりました。当院の患者さんの中には、会津医療センターで鈴木朋子先生にお世話になっていらっしゃる方もいます。講演が終わってからいろいろと相談させていただきました。

3)の春日先生のご講演では、結びのところで鍼灸師に対する期待についてお話しいただきました。鍼灸は全人的な医療としてまさにプライマリケアである、と語られ、大変ありがたく拝聴しました。また研修後には春日先生を囲んで意見交換会(懇親会)を開催し、大変楽しいひと時となりました。

これにて平成28年中の研修、学会などはすべて終了となり、次回は全日本鍼灸学会東北支部A講座に参加いたします。

咳止めのツボ 天突(てんとつ)の思い出

当院受付の壁にセイリンと言う鍼のメーカーさんからいただいたカレンダーがかけてあります。

毎月、季節ごとに多くなる症状に用いる代表的なツボの解説を毎月けいさいしていて、とても良いカレンダーです。

残り1枚となった最後の12月は、首の前、喉元にある天突と言うツボ。

喘息や咳などに良く使うツボですが、通常は鍼を打つ場所です。

震災前だからもう五年以上前になります。心臓にペースメーカーを入れていた80歳を超えたおばあちゃんの往診をしていた時のことです。

ある日、天突を指で指し、ここに灸をして欲しい、と言うのです。その日は乾いた咳が続き、天突の灸で治して欲しかったのでしょう。

良くツボを知っているな、と思う反面、普通は咳止めに鍼を打つ場所。『灸じゃなくて鍼を打つ場所なんだけど』と言うと、頑なに灸をして欲しいと言うのです。

理由を聞くと、私の父が存命して診療していた頃、良くこの場所に咳止めで灸をしていたそうです。

実際に使ってみると鍼よりも灸の方が良く効きます。ただし灸だから煙が多少出るので、術中は注意が必要です。

時折、先代の治療を受けていた患者さんの治療を行う時がありますが、当時の話を聞かせて頂くのは大変貴重な事です。

ユキカゼの毎日

自宅の待機職員、ユキカゼの毎日です。

朝にファンヒータ点火待ち。

昼にコタツで昼寝。

夜に息子のお友達の買って来てくれたオシャレなデザートを狙い。

1日をこんな風に過ごしています(^_^;)

ものすごくたまに、昼寝している院長にのし上がり、目が覚めたら散歩の催促をしたりしてます。

自宅グルメ 円盤餃子

某日、

娘がダンナを連れて泊まりに来てくれました(*^_^*)

そいじゃ夕食に餃子なんか焼こうということに。

せっかくなんで、円盤餃子!

で、娘のダンナはよく食べる奴で(^_^;) もー、気持ち良い食べっぷり!

我が家の長男も餃子が好きで、また娘も好きなもんだから1枚では足りず。

2枚目は焼き過ぎましたー!

やはりプロみたいに同じものを安定的には焼けません(^_^;)

風邪の初期治療、予防に大椎(だいつい)の灸

12月に入り、風邪の症状を訴える方が多くなりました。

鼻炎の症状、鼻風邪からのどの痛み、、寒気から始まり、だんだんと熱っぽくなり、やがて寝込む、というような流れが風邪の悪化の王道?パターンです。

首の下、背中の境目に大椎(だいつい)というツボがあります。
ここにゴマ粒ほどのお灸を5回くらい据えると寒気がなくなり、詰まっていた鼻もすっかり通り、風邪の初期症状には良い効果があります。

大椎の場所になります。もうちょい下だったかな?

ツボ:大椎の場所!

本日12月14日には、下記の患者様へお灸をおすすめとオネダリ(;^ω^)でお灸をしました。

1)昨日に胚盤胞移植をした方に予防的にお灸をしました。この方は1子目、2子目、と当院で体外受精の時から鍼灸を行い、いよいよ3子目を目指しての胚移植となりました。

2)妊娠10週となった、2子目希望で来院されていた方へ、同じく風邪予防で大椎の灸。

3)先代からすでに50年以上来院されている当院のヌシ様から、いつものお灸!という事で多めにオネダリされました。。。
ハイ、たくさんヤキ入れました!(;^ω^)

人間の体温の70%は、後頚部、項背中から喪失する、と言われています。まさに大椎付近の皮膚から体温が逃げていくわけです。このあたりの保温は風邪ひきの予防につながります。

また、味噌+大量の刻みネギ+おろし生姜をまぜた我が家特製のネギ味噌をお茶代わりに飲めばばっちりです。

我が家特製ネギ味噌 見た目悪いですが(;^ω^)

長男の嫁さんの実家で、黒大豆で作ってくれた黒味噌に、カツオのダシと大量の刻みネギを投入! 生姜も多めに入れて作り置きしています。
ご飯に載せても美味しいですよ!

 

年末年始の診療案内(H28年12月、29年1月)

12月23日(金・祝)は、正午まで診療いたします。

年内は、12月28日まで平常診療いたします。

12月29日(木)、30日(金)、は、朝8時00分~午後2時までの通し診療となります。

31日(土・大晦日)は、朝8時00分~正午までの診療となります。

<新年>
1月4日は、朝8時00分~午後4時までの通し診療となります。

1月5日(木)は、8時30分~正午/午後2時~7時30分までの受付となります。

1月9日(月・成人の日)は、朝8時30分~正午まで診療いたします。

————————————————
平常の診療時間(診療は予約の方優先となります)

・月曜日
朝8時30分~正午/午後2時~6時30分

・火・水・金曜日
朝8時30分~正午/午後2時~7時30分

・木曜日(完全予約制)
朝8時30分~正午/午後5時~7時30分

・土曜日
朝8時30分~正午/午後2時~4時00分

休診日

日曜日、特に指定した祝祭日

電話 0248-27-1846