カテゴリー別アーカイブ: 不妊症・子宝治療

週末は学会で山形へ

もう夏も過ぎ明日から9月。

今週末の土日は東北鍼灸学会に参加して来ます。

我が福島県鍼灸師会からは、いわきの湯本で開業されている『はりきゅう はしもと』の橋本修一先生が二人目不妊の症例発表を予定し、私がその座長をさせて頂きます。

当院では9月には胚移植と採卵を控えた方が数人いらっしゃいます。

私が学会のため治療院を不在にするときにご予約を取られた方もいらっしゃいますが、あらかじめ全てカルテに指示書をつけておきますので、ご安心して治療をお受け下さい。

今回発表される橋本先生の続発性不妊の症例報告は、1人目のお子様の夜泣きを小児鍼で治療し、改善させ、お母さんの治療も行って、早期に2人目の妊娠に成功させた、と言う一風変わったもので、大変珍しい発表です。

このような発表の座長をさせて頂くこは、大変ありがたいです。

 

 

 

カナケンセミナーにて講演してきました

昨日、8月27日は天気の良い最高のバイク日和(;^_^Aでしたが、当院に治療器具一式を卸してくださっている株式会社カナケンさんのセミナーで講演してきました。

カナケンさんも、お得意様サービスのために、時々こうしたセミナーを開催していて、私はこれで4度目でした。

郡山開催はこれで2回目。仙台、新潟、とこれまでやらせていただきました。

今回は、秋田県、山形県、宮城県、栃木県からはるばるご参加くださった先生もいらっしゃって、大変楽しくやらせていただきました。

写真は、子宮内膜を厚くするなど着床改善の効果のある、中リョウ穴刺鍼法を行っています。

パワーポイントを使った座学が1時間半、実技が1時間半と長丁場の講義となりましたが、まだまだお話ししたいことは山ほどあります。

質疑応答では、質の高い質問を多数いただき、受講された先生のレベルの高さがうかがえまして、ますますこちらも勉強していく必要を感じました。

今年は11月に佐賀県鍼灸師会での講演がありますが、資料も良いり良いものを揃えたいと思います。

性交回数と着床(着床に必須なサイトカインの話)

先日書いた『禁欲日数と精液所見』
http://sanpei89.rakusaba.jp/?p=1157 に、下記の通り追補します。

以前書いていたブログ
http://sanpei89.rakusaba.jp/diary/diary.cgi?no=899 に、下記の着床のことを書いていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
着床とは、黄体因子、子宮内膜因子、胚因子がいずれもが譲れない因子となり、それぞれが時間的に複雑に関係し合っています。

ハッチングした胚は子宮内膜上皮に乗って接着が起こります。その際にトロフィニンとインテグリンという物質が接着剤の役割をすると言うことです。

インテグリンがよりよい働きをするためには、炎症反応などによって出現するケモカインの働きが必要とのことです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※上記は、産科と婦人科2003年10号(1)1295 診断と治療社  ISSN 0386-9792『着床のメカニズム』

膣内に射精された精漿中のケモカインやサイトカインが子宮内に炎症を起こし、着床準備状態を形成し』とここに書かれています。

頻繁に射精すると、精子の質も良くなる、また子宮内に頻繁に精子が侵入することにより、着床しやすい子宮内膜の状態が得られます。

もう一つありまして、禁欲日数が長くなると、精子の持っているDNAの断片化率が高くなる、というものです。

ごく初期の(化学)流産を繰り返したり、採卵し授精させても分割がストップしたりするのは、ここに一因があるかもしれません。

 

禁欲日数と精液所見

当院では、妊活・不妊治療にいらっしゃる患者さんの、初めての問診の時に、問診表を使います。

自然妊娠、人工授精、体外受精と問わず、妊娠に成功し赤ちゃんを迎えることができる方に共通する質問項目があります。

それは、1周期当たりの性交の回数です。

当院に訪れる方で一番多い回答は、1周期あたり2~3回でした。

これが5回以上と回答するご夫婦に、妊娠される方が非常に多い印象があります。

性交の回数は自然妊娠にすぐ直結しますが、人工授精や体外受精においても、成功の回数の多いご夫婦に、その今受けている治療の成功率も関連します。

考えられる理由としては、

  1. 性交回数が多い=射精回数が多い=常に新鮮な精子が作られ、受精率が高まる。
    参考 http://maleinfertility.jp/blog/?p=2036
  2. 精漿に含まれるサイトカイン(免疫に関係する化学物質)が精子と一緒に子宮に頻繁に入り込むことにより、着床しやすい子宮内膜の状態になる。
    参考:着床のメカニズム 産科と婦人科2003年10号(1)1295 診断と治療社  ISSN 0386-9792

以上が挙げられます。

例えば、体外受精を行っているカップルなど、、今更性交など・・・と思われる方も多いと思います。

しかし、自然な夫婦生活は大変重要なのです。

理由の2.については、免疫の関係する話でなかなか複雑ですが、後日書いてみたいと思います。

 

 

卵の質の改善(カナケンセミナー覚え書き) その2

体の状態を改善し、また栄養の状態を良くして、次はその栄養や改善したホルモンの状態を成長していく卵子にどうリレーするか、の話になります。

原子卵胞から成長していった卵子は、排卵前3ヶ月より胞状卵胞となります。このあたりでは、ホルモンでは排卵するためのLHホルモンの刺激により成長し、受精した後に卵割~成長へ必要な栄養をためていきます。

卵巣にはたくさんの細かい血管があり、LHサージの時にその刺激を血液で伝え、またそれ以前1年くらい前からすこしずつ栄養を卵子は蓄えていきます。

特定のツボへ特定の刺激を加えると、交感神経の抑制を得られ、卵巣の血流が改善することは、いくつか前のブログ投稿で書いた通りです。

この、卵巣などの特定の臓器の血流を改善する(血流を増加させる)ことは、鍼灸が得意なところです。

※以降、カラーアトラス 不妊診療のための卵子学 より

上は排卵直前の成熟卵胞ですが、卵胞壁から卵子顆粒膜細胞へ血管が出来ています。ここまで運んできた栄養やホルモンは、さらに微小な循環で卵子に供給されます。

顆粒膜細胞の最も内側(卵子側)にある放射冠細胞の先はTZPと呼ばれる先端が卵子の透明体に入り込んでいます。

 

TZPと卵子表面は、GapJunction(ギャップジャンクション)と呼ばれる一種の突起でつながれていて、ここから栄養やホルモンが卵子に入り込んでいきます。

一節には卵子内のミトコンドリアはこの近辺まで近づき、糖質などの栄養を確保するというお話でした。

※日本IVF学会前理事長 森本義晴先生から直接お聞きしたお話しです。

森本先生はIVFなんば、IVF大阪、HORACグランフロント大阪クリニックの3院を合わせると世界最大の生殖医療専門クリニックとなるIVFジャパンの理事長をされていて、ミトコンドリア自己移植による生殖医療の研究をされていますが、鍼灸の可能性には大変な期待を持たれています。

下の写真は、2年前に開催された第64回全日本鍼灸学会(郡山開催)の懇親会の時のものですが、鍼灸の学会に来ていただいて不妊症と鍼灸についてご講演いただいた事は大変良い思い出です。

第64回全日本鍼灸学会で森本義晴先生と

卵の質の改善(カナケンセミナー覚え書き) その1

8月27日に依頼されている、カナケンセミナーの講義の覚え書きを少々・・・

今回は8月6日に行った基礎の内容ではなく、体外受精などを行う患者さんのための、応用編・卵の質の改善についてが主な内容です。

キーワードは、
ズバリ、、、、こだわりの卵!

食べる卵の話ですが、妊活に向いた良い卵の質を目指す話に良く通じるものです。

スーパーで売っている、特売の客引き用の目玉となる安売りの卵は、下記の特徴があります。

  1. 明かりをつけたり消したりして人為的に昼夜数を多くして排卵数を増した卵
  2. エサは適当に安いもの。卵黄の黄身が鮮やかな黄色になる着色剤入り(見た目は黄身が黄色鮮やかで美味しそう)
  3. 狭いゲージで全く運動せず、日光にも当たらない
  4. 病気にならぬよう、抗生物質漬け

簡単には、これを逆にしてあげれば『こだわりの卵』になるわけです。

すなわち・・・下記のようにすれば良いのです。

  1. 十分な睡眠時間、良質な睡眠により、間脳(視床)~脳下垂体~卵巣の円滑なホルモンの働きをつくる
  2. バランスの良い食事、適度な自然食志向を目指し、トランス脂肪酸食・ジャンクフードを食べない
  3. 適度な運動を行い日光に当たる
  4. 適度な免疫により、病気になりにくい・風邪などひきにくい体質にする

1、4などは、鍼灸がとても良い働きがあります。

2、3などは進んでご夫妻で励んでいただけると鍼灸も効果が表れやすいです。

続いて、良い栄養や改善したホルモンの状態をどう卵巣や卵にリレーするかは、次の投稿にて!

カルテ整理

日曜日の鍼灸師会の女子会での研修会では、当院での過去の不妊症治療で来院された患者さんの400名弱のデータを紹介しました。

自然に妊娠された方、人工授精や体外受精をされて妊娠された方、あまり芳しい効果が得られなかった方など、数字で提示させていただきました。

すでに昨年のことでしたが、このデータを得るためには多数のカルテを出して、選別していき、まとめていきます。
もっとも、パソコンでエクセルに分けて行って、あとでグラフ化すると面倒な計算もなく、大変助かります。

一人一人の治療でも積み重なっていくと、効果のあった治療や、難航する患者さんの像がわかってきます。

福島県鍼灸師会 鍼灸女子委員会(女子会)研修

昨日、8月6日は午後2時より、わが鍼灸師会の女子会の研修会で3時間ほど講義してきました。

新しい生命を授かるお手伝い。
鍼灸による不妊治療、妊活治療のお話でした。

女子会と言えど、今回は男性鍼灸師・会員の参加希望も多く、男女共学となりました。

不妊症とは?との疫学から基礎知識、診察の進め方、患者さんへの説明の仕方・・・

簡単ですが、基本となる刺鍼術2つを紹介させていただきました。

体性自律神経反射による卵巣血流の改善

今月2回ある講義の資料を時間をみて作っています。

今度の日曜日は、不妊症の総論と基礎編で、主に自然妊娠に対してのお話になります。

これはこれで、基礎編とは言えなかなか範囲も広く難航しそうな(^_^;)

上の写真は第61回日本自律神経学会の特別講演5のもので、内田さえ先生の資料の一部です。

卵巣は特に交感神経に支配され、特定の刺激により血流が改善する、と言うものです。

鍼灸の治療点、刺激法もこれに準拠すると良い効果が得られ、質の良い卵作りの鍼灸治療のヒントになります。

この資料が使われるのは、27日のカナケンセミナーの予定です。

カナケンセミナーでは、体外受精などに関しての鍼灸の話を準備しております。

良い卵、良い子宮環境を目指すためには、より良い体作りが必要で、基礎編ではその話をしたいと思っています。

8月6日(日)鍼灸師会 鍼灸女子委員会主催研修会

来たる8月6日(日)は、わが鍼灸師会の女性会員で組織される『鍼灸女子委員会(通称:女子会)』の勉強会で、不妊症・妊活治療についてお話しさせていただきます。

JISRAM(日本生殖鍼灸標準化機関:旧不妊鍼灸ネットワーク)のように、すでに不妊治療を行っている先生ばかりが対象ではないので、基礎の基礎からの資料を作っています。

一昔前までは、10組に1組と言われていた子宝に恵まれないカップルも、今では6組に1組とか、悩むカップルは3組に1組存在する、とも言われています。

また原因が特定できない『原因不明不妊』が大変多く、これは半数を超えるとも言われています。
原因不明、とはいえ、例えば結婚の時の夫婦の年齢などが深く絡んでくるようです。

資料を作りながら、自分も基礎から勉強しています。