カテゴリー別アーカイブ: 研究会・勉強会・研修会参加

12月10日 日本語版『妊娠力 心と体の8つの習慣』出版記念セミナー

12月10日に統合医療女性の会 http://aimw-r.com/ が主催で
アリゾナ統合医療センター所長、アンドルー・ワイル博士の後継者であるビクトリア・メイズ先生による 不妊の方を対象とした統合医療のセミナーが開催されます。

もちろん、一般の方向けの内容にもなっているようで、

  • “妊活”をはじめる前に心と体の調子を整えたい
  • 仕事と両立のため「いつでも妊娠できる体」にしておきたい
  • ホルモン療法や体外受精の成功率をあげたい

 

このようにお考えの方、是非ご参加ください、とのことです。

参加希望の方は、→http://aimw-r.com/

当院では12月10日(木)を休診し参加します。

第11回日鍼会大会神奈川大会へ参加しました

秋冬の学会研修シーズン中盤戦となっておりまして、この週末は横浜で開催された第11回日本鍼灸師会全国大会神奈川大会へ参加しました。

会場はみなとみらいのパシフィコ横浜。

の太田先生(一寸法師ハリ治療院)と新白河から落ち合い、一路横浜へ。

開会式

公益社団法人日本鍼灸師会も今年で創立65周年という事で、記念式典も行い、功労のあった会員への表彰もありました。実は私も含め、福島県や全国から大勢の先生の表彰がありました。

受賞者の代表で、中沢先生(福島県鍼灸師会会長・一寸法師ハリ治療院)が授与されました。

代表授与としての謝辞は、中沢先生より。
全日本鍼灸学会会長、日本医師会会長などの祝辞もあり、厳かに式典が執り行われました。

 

災害医療における鍼灸師の役割

初日は災害医療における鍼灸師の役割、と題しての講演を聴講しました。
講師はMDAT医師の小井土雄一医師と、わが師会の中沢会長でした。

マリンタワーからの横浜の夜景

懇親会までの間、マリンタワーに上りました。
夜景が見事です。

懇親会場は、横浜港のディナークルーズでした。

写真右下に移っている小柄な船ですが、実は大型クルーザーのマリーンルージュ号の船上となります。

マリーンルージュ号で記念撮影

全国から参加した顔なじみの先生方と記念撮影(^^)/

のんびり横浜港を一周しましたが、これが風が強い強い・・・

二次会は馬車道のピアノバーに行きました。

馬車道のピアノバーにて

映画『ゴースト ニューヨークの幻』のアンチェインド メロディーや、wish upon a star(星に願いを)、など懐かしい曲が連発で楽しくも安らぐ夜でした。

いわき市・しゅう鍼灸院の柏原先生の発表

翌日は不妊症の講座で、せりえ鍼灸室の小井土善彦先生、辻内敬子先生の講義を聴き、その後一般口演発表を聴きました。

いわき市のしゅう鍼灸院の柏原先生もすぐれた発表をされました。

柏原先生

柏原先生、大変お疲れ様でした。

福井市 久保鍼灸院の久保先生夫妻

学会に行くと懐かしい先生に再会できるのも大きな楽しみです。

いつもお世話になっている福井の久保先生夫妻にお会いしました。
変わらぬ笑顔とご厚情に感謝感謝です。

福島の皆様、和歌山の会長先生と

マリーンルージュ号を背景に、和歌山県鍼灸師会・萩野会長、福島からの太田先生、関根先生、柏原先生と。

不妊鍼灸ネットワーク東京研修に参加しました(2)

会長の講義の後は、会員発表でした。

口演発表1
東京都町田市 中村希求子はり灸治療室 中村希求子先生
演題:受精卵が向上した超高齢不妊患者46歳と45歳の2症例

町田市・中村先生の発表

40歳以上になってから鍼灸を開始し、年次ごとの採卵成績の向上があった2症例についての発表でした。

通常、40歳以上からの治療では卵巣の反応性もどんどん悪くなりますが、発表では年次ごとに胚盤胞到達率が高くなり、46歳9ヶ月で妊娠(現在妊娠28週)がありました。鍼灸の効果の可能性が強く示唆されました。

 

口演発表2
福島県いわき市 はりきゅうはしもと 橋本修一先生
演題:続発性不妊症の1症例 母子の睡眠障害の改善により妊娠したと思われる1症例

いわき市・はりきゅうはしもとの橋本先生

福島県いわき市で開業する橋本先生は、長子の夜泣き症を小児鍼で改善することにより母親の睡眠不足によるストレス状態を緩和し、二人目の妊娠に成功された症例を発表されました。

治療の方法や方針、考察に至るまでよく練られた症例報告でした。

口演発表3 栃木県宇都宮市 きむら鍼灸 木村雅洋先生
演題:多嚢胞性卵巣による不妊症の症例

宇都宮・きむら鍼灸の 木村先生

栃木宇都宮市の木村先生は、なかなか手こずる多嚢胞性卵巣(PCO)による不妊についての解説と、ご自身の治療についての発表をされました。

前半のPCOの病態解説は症例発表の範疇を越えたものながら、大変勉強になるものでした。

三題の会員発表の後は、お楽しみお昼ごはん。
アキュラ鍼灸院の徐先生が手配してくれたオシャレなお寿司でした。

秋森先生と、、もう一個食えるね~~と!

午後は、特別講演が2つ続きます。

特別講演1 「晩産化が進む今、産みたい女性を支えるために」
 河合 蘭 先生 (出産ジャーナリスト)

日本唯一の出産ジャーナリスト、河合 蘭先生です!

『卵子老化の真実』の著書であり、本邦唯一の出産ジャーナリストとして高名な河合蘭先生からは、「晩産化が進む今、産みたい女性を支えるために」 と題しながら、国内で乗り出した出生前診断・NIPTに関する話題について、豊富な情報からさまざまなお話を伺いました。

→ 河合 蘭 先生 webサイト

 

親子+河合先生で記念撮影!

この日は会員の従業員であれば聴講可能でしたので、息子も参加しました。
河合蘭先生のご著書は当院にありますので、貸出いたします。
できたら書店でお求め頂くとよろしいかと思います。

 

特別講演2 「不妊治療後に出産までいたらなかった方へのケア」
菅野 伸俊 先生 (ファティリティークリニック東京 看護師長・明日の不妊症看護を考える会 代表世話人)

 

ファティリティクリニック東京の菅野先生

国内に260名しか認定されていない、日本看護協会不妊認定看護師であり、『明日の不妊症看護を考える会』の代表世話人でもある菅野先生からは、不妊治療で出産に至らなかった患者へのケアとして、主として流産された方へのケアをテーマにしてお話しいただきました。

→ 明日の不妊症看護を考える会 webサイト

これにて、東京研修2015終了となりました。

この後はみな様で時間の許す限り、懇親会を行いました。

 

皆様で記念撮影!

次回は来年3月20日で、びっくりする内容で京都で開催いたします。

不妊鍼灸ネットワーク東京研修に参加しました(1)

世間ではシルバーウィークという名の連休。

当院は診療しながら東京開催の不妊鍼灸ネットワーク研修会に参加してきました。

内容は・・・ http://www.kodakara.org/kensyu/2015tokyo_houkoku.html

9月22日、

午前中だけ診療し、昼過ぎから東京へ。

アキュラ鍼灸院で、徐大兼先生、木津正義先生と翌日早朝の会員研修の確認を行いました。

徐大賢先生をモデルにして、中リョウ穴刺鍼法を木津先生にチェックしていただき、ダメ出ししていただきました。

刺鍼法確認の後は、アキュラ鍼灸院のベランダにてくさやで一杯。焼いて真空パックになっているものですが。さすがに渋谷・青山のど真ん中でクサヤを焼く度胸はありませんでした。

アキュラ鍼灸院ベランダにて、くさやパーティをしました

その後、徐先生行きつけのアメリカンダイニングにて一杯!
途中参加の相模原の菅澤先生、大阪の西村先生と5人で盛り上がりました・・・が、翌日の研修はなんと!朝7時半から(;^ω^)
とはいえ、この後立ち飲みバーに行ってしまい、、ました。

 

翌朝7時半から、アキュラ鍼灸院にて実技の朝練を行いました。
とても眠~い(;^ω^)

まず中リョウ穴刺鍼法と陰部神経刺鍼法のレクチャー。
講師は明生鍼灸院・木津先生。

名古屋・明生鍼灸院・木津先生から、中リョウ穴刺鍼法・陰部神経刺鍼法の説明を受けるみな様

みなさま真剣です。朝の7時半ですよ!しかもシルバーウィークです。

アキュラ鍼灸院で、新入会員は必須、プラス希望者で実技の練習・確認を行いました
実技のチェック中~ 昨夜ダメ出しされたことは内緒(爆)

私はアドバンスコース担当でした。みなさま経験者でしたので、スムーズでした。

この後会場を移し、研修の開始となりました。

まずは正会員認定証授与でした

京都・なかむら第二針療所院長、中村一徳会長の開会あいさつの後、まず正会員認定証を行いました。
本会は年に3回ある定期研修会に2回以上でないとその年度の正会員資格を失います。
また2年度連続で正会員資格を失うと、退会となる厳しい規則があります。

それよりみなさん、強い研究心で入会しますので、まず会員資格を失う事はありません。

第一回定期テスト100点満点の櫻井先生の表彰式

今年度より、全会員対象に定期テストを行う事になりました。
試験内容は過去の医師国家試験の産婦人科、特に周産期医療、生殖医療分野から100問出題するというもの。
愛知県一宮市 なかば鍼灸院 櫻井 央 先生はただ一人100点満点で会長名で表彰されました。私は・・・92点でした(;^ω^) 平均88点とのことで、全員合格となりました。

研修1は、中村会長からのコミュニケーションスキルアップセミナー

授与式、表彰式を終えて、中村会長の患者さんへの円滑な説明を目指すコミュニケーションスキルアップセミナーを行いました。

常々学んだことや積んだ経験をしっかり伝えることにより、患者さんの信頼を得られると思います。自分だけ納得したのではダメですね。

(その2に続く)

東北鍼灸学会に参加しました

9月5日(土)、6日(日)の二日間は、治療室を息子に任せて第49回となる東北鍼灸学会仙台大会に参加してきました。

鍼灸師にとって、学会参加や研修会は寿司屋の仕入れと同じです。
常に新鮮な知識、技術を仕入れませんと、良い治療は提供できません。

毎年開催し49回続いている地方の学会とは、本当に大したものです。先人に感謝いたします。

一般口演発表で、福島県代表はいわき市のしゅう鍼灸院・柏原修一先生でした。私は座長をやらせていただきました。

いわき市・しゅう鍼灸院 柏原先生『一回の治療で焼失した右腰下肢のしびれ』写真提供は太田整形外科クリニックの白井和也先生
私は座長を務めさせていただきました 写真提供は一寸法師ハリ治療院 中沢良平先生

紺色一色の地味なスライドから、最近はちょっぴりカラフルになり、時代も変わったな~と実感いたしました。

実技供覧では、同じく福島県から、郡山市・はり灸 接骨 快生堂の鈴木暢弘先生から『障がい者の鍼灸治療』として、先天性疾患を持つ障がい者の方の腰痛治療について披露されました。

左は実技供覧の鈴木先生。ここでも座長をさせていただきました 写真提供は一寸法師ハリ治療院 中沢良平先生

鈴木先生の実技供覧でも座長をさせていただきました。

一日目のプログラムを終え、懇親会へ。懇親会の写真はありませんが、続いて福島県からの参加の皆様で二次会へ!

二次会スタート前でもこのノリです(;^ω^)

海の幸を堪能してきました!

この日はこれで終了しました。

大会二日目は、特別講演で小児鍼のお話でした。
講師は大師流小児鍼の谷岡賢徳先生でした。

昨日から参加されていた福島県鍼灸師会会長の中沢良平先生(一寸法師ハリ治療院)は、郡山の福島医療専門学校での教育編成委員会の会議があり、朝からお帰りになられました。お忙しいです(;^ω^)

小児鍼の名門 大師流小児鍼 谷岡先生 会場はぎゅう詰め!

いかに子供を泣かせないで効果的な治療を行うか、また子供へのきわめて軽い刺激を、大人への治療に用いる考え方などをお話しいただきました。

この後は学会総会で、これにて49回大会も終了となります。

この後は公益社団法人宮城県鍼灸師会創立65周年記念講演と祝賀会に参加してきました。

記念講演は脳科学者の茂木健一郎先生でした。
生活のスタイルやものの考え方、子供ではほめ方によって脳内にセロトニンを増やすことができる、とのことです。

セロトニンは体内に必要な生理活性物質で、『幸せホルモン』とも言われています。脳の活発さや前向きな思想などに関与しています。鍼灸の効果の一つに、セロトニンの分泌増加があるともいわれています。

テレビにもよく出演する脳科学者というだけあって、会場は超満員でした。

その後、夕方まで時間をつぶし、宮城県鍼灸師会創立65周年記念祝賀会。スペイン料理をいただきながら、お隣の席の宮城県鍼灸師会の樋口先生にいろいろなお話を伺ってきました。

帰りはワインで酔いながらも新幹線で本を久しぶりに読みました。

二冊とも福島県鍼灸師会会長の中沢先生のおすすめの本。

葛西龍樹先生の『医療大転換』と、堤未果さんの『沈みゆく大国 アメリカ』。

しか~し、ワインで酔っ払って寝てしまったのでした!

 

 

第64回全日本鍼灸学会ふくしま大会

約2年にわたって準備してきた、全日本鍼灸学会ふくしま大会が5月22日(金)~24日(日)の三日間の会期で開催されました。

全国から、また海外からの参加者も含め、3日間での参加者はのべ約6,000名

当院はこの学会の大会事務局として、この2年間は準備のため休診や診療時間短縮などで、患者様には多大なご迷惑をおかけしたことと思います。

しかし鍼灸業界では国内最高の学会で、もちろん世界的にも注目されている学会の準備に携われたということは、大変名誉なことです。また準備の段階から高名な先生方と交流を深め、当院での治療にも何らかの形で多数の良い影響を受けることができたと確信しております。当院の患者様にも大変有益な2年であったとご理解ください。

数回にわたって、この学会の模様を紹介いたします。

学会のテーマは『鍼灸の復興』と『福島の復興』をかけたものでした。
日頃から不妊治療を生涯のライフワークとして行なっていますから、準備に関わる身としては大会のシンポジウムに不妊症を取り入れるように働きかけ、いろいろ乗り越える壁もありましたが、シンポジウム2『不妊症と鍼灸治療』を企画し、開催できることとなりました。

不妊症については国内の鍼灸院で広く扱われています。
その効果についても、一定のものが知られていますが、学術的なエビデンス(科学的な根拠)となるもので日本から世界へ発信できるものは残念ながら一つもありません。

このような状況に鑑み、国内最高の舞台で鍼灸による不妊治療について論じる場を作りました。

もちろんこの学会では、このシンポジウムのほかに様々な多数の講演やシンポジウム、パネルディスカッション、実技セッション、パネル発表、一般口演などの催事がありますが、企画に携わり、開催まで育てたものとして、特にこのシンポジウムを紹介いたします。

 

・・・続く

不妊鍼灸ネットワーク研修会に参加してきました

3月20日は金曜日で、この日は夜7時半までの受付診療でした。

お勤め帰りの方も多く、また遠方からの方も多いので、必然に終了時刻も遅めとなり、9時過ぎに閉院。

夜9時49分発の夜間高速バスに乗って京都へGO!

京都駅八条口着は朝の6時過ぎ。はっきり言ってこのトシにはきつい!(笑)京都タワー下の銭湯で朝風呂に入り、研修会場である本能寺会館につきました。

本能寺って言ったら、あの本能寺です。

今日は朝の9時半から夕方5時半まで、昼食時にもランチョンセミナーを行うという超スパルタの研修です。

会場の様子

不妊症の基礎講座をわが不妊鍼灸ネットワークの木津先生、秋森先生から講義していただきます。

名古屋の明生鍼灸院木津先生

会長挨拶のあと、基礎講座1(婦人科・不妊の基礎)は、名古屋の明生鍼灸院副院長の木津先生からの講義でした。

基礎講座とはいえ、多くのデータに裏打ちされた科学的な側面から鍼灸院に訪れる不妊患者さんの概要や、治療の効果などについてお話しいただきました。

陰部神経刺鍼法による採卵成績の向上は、だれでも追試できるような解説でした。毎度ながら、企業秘密のない講義でした。

秋森先生の講義

群馬県高崎市で秋森指圧鍼灸院を開業されるネットワーク会員の秋森徹二先生より、基礎講座2(不妊の基礎)を講義していただきました。

治療する上で、技術や知識よりも優先すべき『命に係わる治療家としての意識』について、特に勉強になりました。

中村会長(なかむら第二針療所院長)と徐事務局長(アキュラ鍼灸院院長)と私、三人で立ち上げた不妊鍼灸ネットワークですが、それ以前にも秋森先生からはいろいろ教えていただくことも多く、この京都でも多くのことを学ばせていただきました。

中村会長+東京医研によるランチョンセミナー

昼食時には、寸暇を惜しみランチョンセミナーを行いました。

LLLT(低出力レーザー治療)を鍼灸に取り入れ、驚異的な採卵成績向上や、着床率向上、妊娠率向上を上げられている中村会長(なかむら第二針療所院長)とスーパーライザー開発元の東京医研さんによる講義でした。

低出力レーザー療法(LLLT療法)による老化卵子に対する治療を学びます。早発閉経や卵巣機能不全、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などによる稀発月経や無月経に、当院でも今年四月から導入いたします。

皆さんお弁当お預け!

昼食もゆっくり食べられない、非常~なスパルタンさです。
私もこの日は朝から夕方まで司会だったんで、これまた厳しかったです。

スーパーライザーのデモ風景

食休みなしの勉強が続きます。

その後会員の症例発表へ。

大阪・ガイア針灸室の堀口先生による症例発表

大阪・ガイア針灸室の堀口院長による症例発表。
心に残る症例、という演題で発表していただきました。

東京・八王子の翠明館治療室・神薗先生の発表

症例報告2は、東京・八王子の翠明館治療室の神薗先生による発表。甲状腺機能障害を伴う不妊症の症例 という発表でした。

甲状腺障害を持つ不妊の方は割合多く、ときに流産などの原因にもなることがあります。
この分野の勉強もこれからは必要でしょう。

明治国際医療大学の田口先生による講義

つづいて明治国際医療大学臨床鍼灸学部助教の田口玲奈先生による講義です。

世界の鍼灸による不妊症治療のエビデンスを紹介していただきました。

鍼灸を含む代替医療を取り入れている不妊症を扱う医療機関は相当に多く、国民の期待が裏付けられていると思う反面、効果のエビデンスはあまり多くなく、今後、日本から世界へ向けた日本独自のエビデンスの構築が必要であると、強く感じました。

明治東洋医学院専門学校・本城先生の講義

続いて当院でも行っている、子宮環境改善の中リョウ穴刺鍼法の元祖、明治東洋医学院専門学校の本城久司先生による骨盤内に影響を及ぼす鍼灸治療という演題で講義していただきました。

本城先生による実技です!黒山の人だかり!

もともと慢性前立腺炎や難治な膀胱炎などに行っていた中リョウ穴刺鍼法は、子宮の血行を改善するエビデンスとして明生鍼灸院によって確立されました。学会の発表回数もたいへん多く、陰部神経刺鍼法による老化卵子対策、卵子の質改善、採卵成績改善と並んで、当院でも不妊治療の核として行なっている手技です。

この日はオリジナルの本城先生よりアップデートした手技をたっぷり見させていただきました。

明生鍼灸院 総院長 鈴木先生からの閉会挨拶

閉会の言葉は、鍼灸による不妊症では日本一の症例を誇る鈴木総院長からの総括でした。商売っ気が独り歩きする分野で、まず学ぶべきものが先にある、と述べられておりました。

とても学ぶことの多かった京都研修。

今回も不妊症に関してたくさん学んできました。

学んだことはすべて当院でも患者さんに還元いたします。

新潟市で講演してきます 3月15日(日)新潟ユニゾンプラザ

来る3月15日(日)に、(株)カナケン様のセミナーで鍼灸による不妊症治療をテーマに講演をさせていただくことになりました。

 

対象は鍼灸師免許をお持ちの方ですが、ご興味がありましたらぜひご参加ください。

定員は30名とのことですので、参加希望の方はぜひお早目にお申込み下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カナケンセミナー 『不妊症』

会場:新潟市 新潟ユニゾンプラザ 5F特別会議室

講師:三瓶真一 三瓶鍼療院院長 不妊鍼灸ネットワーク副会長

日時:平成27年3月15日 10:30~15:00(受付10:00より)

備考:参加費5000円

参加問合せ
(株)カナケン新潟営業所〒950-0923
新潟県新潟市中央区姥ケ山2-21-20
TEL: 025-286-0521 FAX: 025-286-8870

全日本鍼灸学会東北支部B講座で講演してきました

会津医療センター漢方医学講座開講記念会津漢方研究会での研修の翌日は、一泊した会津若松から福島市に向かいました。

紅葉のすっかり終わった土湯峠を越えて福島市入りして、午後から90分の講演をしてきました。

私の前には福島医療専門学校教員の千木良先生、後にはオリンピック選手や有名俳優のトレーナーとして活躍している大高先生のスポーツトレーナーの講義でした。

前後をスポーツトレーナー活動に挟まれての講演でした

 

現在、子宝になかなか恵まれないカップルは、7組に1組とか、6組に1組とか言われています。
当院では先代から特に不妊症治療を行っておりました。

当院の女性不妊治療の基本となる治療方針です

 

当院では自然妊娠だけではなく、体外授精などARTを受けていらっしゃる方などがいらっしゃいます。
比率からいえば、すでに何度も体外授精などを受けている方が圧倒的に多いようです。

良い卵子『こだわりの卵』(アキュラ鍼灸院・徐先生命名)の作り方は、当院では良いホルモン環境を作るための体つくりとしています

 

当院の治療では、すべての患者さんに自然妊娠ができやすいように妊孕性が改善する治療を行います。

生活環境の多様化、なにかとストレスの多い方が多く、これらの影響が排卵や卵子の状態に悪い景況を及ぼしていることをが多く、良い卵子を良いタイミングで排卵するような体つくりが基本となります。

鍼灸は様々な悪いストレスから起こされている様々な症状を改善し、卵子や排卵の状態を改善すると考えられます。

妊孕性を悪くする子宮内膜症の文献的考察

 

一方、妊娠・出産しない(できない)ことが、不妊の原因にもなります。結婚年齢の高齢化などから、子宮内膜症の罹患率が非常に高まります。

子宮内膜症はさまざまな不妊因子を作りますが、なかでも月経痛などが主訴となる軽症な子宮内膜症ほど、腹腔内の免疫異常が起きやすく、不妊になりやすいそうです。

当院に掲示してある赤ちゃんの写真

 

鍼灸は月経痛には特に良い効果があり、軽度の子宮内膜症にも良い効果があると考えます。(特に続発性の)月経痛の改善は、子宮内膜症の改善につながります。

ホルモンの改善による排卵や卵子の状態の改善、(経度)子宮内膜症の改善が、当院の不妊症治療の基本となっています。

また着床しやすく、妊娠状態を安定させ流産率を減らすために、中リョウ穴刺鍼法を当院流にアレンジして行っています。

卵子老化対策や卵子の質を改善するためには、卵巣への血流を増加させて卵巣の働きを改善する陰部神経刺鍼を行っています。

会津医療センター漢方医学講座開講記念研修会(会津漢方研究会)

11月8日の土曜日は、診療を繰り上げて昼抜き・14時終了で会津医療センター漢方医学講座開講記念の会津漢方研究会に参加してきました。

私のほか、鍼灸師会の主だった先生方には会津医療センターの三潴(みつま)先生から招待状が届いておりました。

会津漢方研究会の模様 明治国際医療大学鍼灸学部教授の今井先生が講演されています。

会津地方は国内での薬用人参(オタネ人参)産地として有名でしたが、その出荷量も栽培農家も減ってしまいました。

地場産業としてのオタネ人参の栽培の復興と、漢方と鍼灸を取り入れた医療システムを国内や海外にも広めたい、という壮大な構想です。

福島医大・菊地臣一理事長兼学長(元整形外科学講座教授)の祝辞です

 

記念公園の後の祝賀会での、菊地臣一・福島医大理事長兼学長の祝辞では、 、、、

私は父親が柔道整復師で、鍼灸などの代替医療に偏見は全くない。

・・そうで、今後も県内の公立病院で鍼灸治療を行う施設はどんどん増えるそうです。

会津医療センター漢方医学講座教授の三潴(みつま)先生による、会津医療センター開業と研修システムの紹介

 

三潴先生からは、主催者あいさつの折に会津医療センターの概要と漢方医学講座の研修システムの紹介がありました。

福島医大では、2、3年生の時に鍼灸の授業があるそうです。

また、県の準職員として今年から会津医療センター漢方医学講座では鍼灸師を1名研修させています。

研修のカリキュラムはたいへん濃密で、感染症対策などの基礎プログラムを終了後は、内科や外科、耳鼻科など各科を2週間ずつローテーションで研修するというもの。

ぜひこのような研修システムから、鍼灸師の卒後教育や免許制度の改革につながってほしいと思います。