「雑記」カテゴリーアーカイブ

ほっ!とした話 首肩の凝りは怖い?!

右の背中、強力な肩こりを訴えて来院された女性患者さんがいました。背中、肩こり以外にも、右の脇の下あたりの皮膚がざわざわ痛むとか、細かい症状がいろいろあります。

当院は、開業は私の親の代からでもう60年以上になります。その患者さんの親もご存命の頃は良く肩こりなどで来院されていて、家族中のみなさんが体調を崩しては良く来院されていました。

今回の右の背中の痛み、強力な肩の痛みは、良くお話を伺ってみると安静時や夜半の症状の出現はなく、診察すると症状の出現する右の鎖骨上窩を押圧すると、症状の出現部位に、ほぼその症状が出現する、という、良くありふれたものでした。

いわゆるモーリーテストと呼ぶ理学検査です。これで陽性ならば、鎖骨の上で締め付けている神経のまわりの筋肉を柔らかくすればいいわけです(鎖骨は柔らかくなりませんので)。

これなら、発症からの期間も長くないし、3~4回くらいで治るでしょう、ということで治療を開始しましたが、これがなかなか治らない。

宣言した3~4回で治らないので、患者さんも不安になるし、こちらも隠れた病気の見落としはないのか、再度慎重に問診を繰り返します。

その結果、どうももう一つ原因があったようで5回目からそこを治療しました。ハリではなかなか治療しにくいところですので、当院の誇る?(笑)低出力レーザーを使用しました。

これが効いたのか、それまでの治療がやっと効果を現したのか、その回から劇的に症状が改善し、ほとんどの症状が解消しました。

首肩の凝りから来る斜角筋症候群と、ある原因からの肋間神経痛が両方いっぺんに起きていたようでした。

次回、1週間後に来院して、症状が再現していなければ無事終了となります。

首や肩の凝りは非常に多彩な症状を引き起こすことがあります。鍼灸や当院のレーザー治療は良い効果があります。

ぜひご来院ください。
三瓶鍼療院 → http://www.sanpei89in.com/

 

佐賀県でお話ししたこと(不妊治療で鍼灸が目指すもの)

ほとんど自分の覚書になりますが、下記の内容を佐賀県でお話ししてきました。

不妊症の疫学、

  • カップルの6組に1組は不妊カップル
  • 治療を行っているのは、そのうち3分の1
  • 平成27年より、不妊期間が2年→1年 と定義が変わった
  • 体外受精で生まれる子供は、今や21人に1名存在

 

鍼灸で期待する効果、

  • 陰部神経刺鍼通電、中髎穴刺鍼法による、卵巣機能改善、子宮の血行改善など
  • 快適性、QOLの改善などによる、フィードバック機能の改善(排卵などの改善)
  • 妊娠出産なき月経の繰り返し → 子宮内膜症体質 これに対する鍼灸治療

 

効果の現れてくる期間:卵子の質の改善

  • 2週に3回の治療で4か月以降から
  • 40歳以降の場合、治療開始後の3ヶ月は、1週に2回程度行った方が効果が出やすい
  • 30歳代前半では、1週に一回でも良い(1週間以上、間隔を開けない事)

 

ざっくり覚え書きにすると、上記の話でした。

鍼灸は西洋医学と違い、体質の改善を主に目指します。1回1回の治療の積み重ねによって効果が表れてきます。

自然妊娠を目指す方から、体外受精を受けている方まで当院では幅広く対応いたします。

ぜひご相談ください。電話 0248-27-1846
三瓶鍼療院 → http://www.sanpei89in.com/